国東 六郷満山霊場めぐり  宇佐神宮
大分タクシー株式会社
観光特集 第一弾【国東 六郷満山霊場めぐり 熊野磨崖仏 真木大堂 富貴寺 天念寺 長安寺 両子寺 瑠璃光寺 宇佐神宮】 大分タクシー株式会社
熊野磨崖仏 真木大堂 富貴寺 天念寺 長安寺 両子寺 瑠璃光寺 宇佐神宮 TOP


■ 豊前の守護大名大内盛見から寄進された神輿。
 全国八幡社の総本宮です。京都の石清水八幡宮も、鎌倉の鶴岡八幡宮もルーツは宇佐神宮です。八幡神は応神天皇で、奈良時代に現在地に祭られました。上宮本殿は、八幡造りとよばれる独特な形をしており、国宝に指定されています。宇佐神宮の歴史的特徴は神仏習合の宗教文化です。宇佐神宮本殿の本宮は、檜皮葺白壁、朱漆柱で華麗、かつ宏大である。訪れた人々はその壮麗さにしばしば時の経つのも忘れる。奥の棟(内院)と前の棟(外院)を、それぞれ切妻屋根にし、その間を「宇佐の黄金樋」と呼ばれる雨樋が貫く。「八幡造」という様式の代表建造物で、国宝に指定されている。3つの御殿は、それぞれ【一之御殿 応神天皇】【二之御殿 比売大神】【三之御殿 神功皇后】が祀られている。なお、現社殿は孝明天皇が文久3年(1863年)に造営されたものである。

■国宝本殿八幡造り。
■西大門 (県指定有形文化財)。